介護保険について

介護保険制度とは、国民すべてが加入して保険料を支払い、自分が介護が必要になった場合には、その程度に応じて給付を受けることができる仕組みのことです。
介護保険制度は、平成9年(1997年)に公布され、2000年からスタートした「介護保険法」にもとづくもので、国民からの保険料などを財源として、要介護者や高齢者に介護サービスを提供するという社会保障制度です。
介護にかかるサービス料金の1割がサービス利用者の自己負担で、9割は保険や公費からサービス提供業者に支払われることになっています。
介護保険制度を利用したサービスを受ける場合には、要介護認定申請をまず本人か家族が市町村に行う必要があります。
介護保険制度によって、給付と負担の関係が明確になったことに加え、介護が必要な高齢者等を社会全体でサポートするシステムが確立しました。
介護サービス情報HOMEへ 介護サービス情報HOMEへ